読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメンが好きな訳じゃない、きっと

イケメンが好きな訳じゃないけどジャニーズが好きなクソDDの戯言。

あくまで趣味だということを忘れてはいけない

 

 

Jr.担にとっての春の一大イベント「ジャニーズ銀座(我々の間ではクリエで通じる)」が始まった。

 

 

正直今年は該当担ではないので「あ~もうそんな時期か~ところでGWの休みが全然取れないのどうにかなんないかな~」って感じでゆるっゆるに過ごしていた。

 

 

 

 

ただ、周りがじわりじわりと東京B少年に興味を持ちはじめているのは気づいていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ごめんなさい、私もそのうちの一人っす、めんごめんご(うざい)。

 

 

 

 

もとをたどれば2016年夏。浮所くんの顔が可愛いことに気がつく。

暫くそんなことは忘れていたが、アイランドでまたもや気になる存在に。

 

 

 

祭りと運動会で本格的に気になり出した。

うきなすめっっっっ気になる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして日は経ち、しれっとクリエレポを漁っていました。

気づいちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沼間違えてた!!うきなす沼が肌に合うと思ってたら違うんだ!?なすりゅ派だったみたい!!!!

 

 

 

りゅがたんにデレデレ同担拒否の那須くん最高かよ!?

 

 

 

 

 

なんて一人で騒ぎつつTwitterをスライドスライド。

周りもBに落ちる中で、こんなツイートを見かけた。

 

  

 

 

「自担以外に沸ける意味がわからない」

「みんな降りないで~」等々

 

 

 

 

 

最初は素直に「あっ……何やってんだ私………いわちたんだけを応援しなきゃ………」って思いました。

 

 

 

 

 

が、すぐに気づきます。

 

 

 

「え、これって義務だっけ、義務応援だっけ」(義務応援 #とは)

 

 

 

 

 

私が前回担降りしたひとつの要因に、義務感が強くなりすぎた、という点がある。

 

 

 

 

初めは心から楽しめていたものが、いつしかあれを観なきゃ、録らなきゃ、買わなきゃ、と自分のなかで勝手に義務化されていった

 

それはとても恐ろしいことである。

楽しむための趣味として選択したはずが、いつしか義務感にかられて行う作業のようになっていたからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことがあり、岩橋くんに降りてからは気が向いたら、をモットーにヲタクをして今に至ったはずなのに、私はいつからか再び、義務感を感じてしまっていたことに気づいた。

 

 

 

この義務感を感じたままでは、Bに降りるどうこう以前に、いつか疲れはてて前回と同じになってしまう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人だけを応援しなきゃいけない決まりなんてない。

良いなと思ったら素直に良いと言えばいいし、時には熱がそちらに移ることもあるだろう。皆それぞれ魅力的なのだから当たり前だ。

 

 

 

 

義務感や罪悪感を感じれば感じるほど、気は向かなくなるものだ。

だったら私は時々他の畑を見つつ、自分のペースで自分の土地を耕していたい。(よく分からない)

 

 

 

 言いたいことは

 

 

 

 

趣味なんだから、 特に罪悪感を感じることはなーーーーい!!

他人がとやかく言う権利もなーーーーい!!!!

 

 

 

 

 

 

なんてったって、私の一番は未だに岩橋玄樹くんであることに変わりはない。

今はいい距離感でB少年を見守りたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、これだけは、これだけはなすりゅに言わせてほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腐売りしたとこでじぐいわには敵わないぞ…!!!!!